独り 番外編

 宇宙を彷徨う黒い船の中で、ひとりの男が頭を抱えていた。

『俺が白昼堂々とエロ本読み漁ってたのがそんなに嫌な訳?
お前もいつもコッソリ覗いてんじゃん』
12号は、任務を終え騒ぎになる前に星を去った後も…
あの、金髪に青いタトゥーの男の顔が忘れられない。

金髪の男は、自分を『フェイス』と呼んだ。
そう、勘違いした。

軍がバラバラになった後、
賊軍の元軍人が生き延びる術は多くはなかった。
そのスキルを生かし、裏の世界で活躍するのも手のひとつだ。

だが、自分に似たその男は…なんだったのだろう。
勘違いされるほどに似た男。
間違いなく、同時期に“量産”された生命体だろう。

しかしその男には名があった。


『フェイス』―――――。


その名が元からあったはずがない。
誰かが勝手に付けたのだろう。
だが、そいつは“名”を持っている…。

私は12号と呼ばれている。
機械的と言い切っても良いまでの腕の良い暗殺者として、
あちこちの星の要人に雇われる。
それを、不服に思った日などなかったはずだ…。

それが、一番の道だと思っていたはずだ。


『フェイス』。

奴は、何者なのだろうか?

12号は駄目モトで、コンピュータで『フェイス』とやらを調べた。
奴のデータは、いとも簡単に見つかった。

“退治屋カイザーのチームメイト”として
リブフリー社に正式に登録され、素性はともかく
表の世界で堂々と生きている…らしい。


「…………っ!」

12号は、訳もわからず、机を叩いた。
机にあったティーが、少し揺れた。

「それが、何だというのだ…?
私に何の関係がある!私は私だ。奴は奴。
…私は…何を考えている…!?」


羨ましい、のか?


ふと、思った。
「そんなはずは…ない」
彼は自分に言い聞かせるように、呟く。


『俺が白昼堂々とエロ本読み漁ってたのがそんなに嫌な訳?
お前もいつもコッソリ覗いてんじゃん』


金髪の男の言葉が、また聞こえる。



羨ましい…のか?
同期の者が、表の世界で生き…仲間まで持っているという事が?
そんな、ちんけなことが?



仲間意識や友情など、仕事の邪魔になるだけだ。
だから友人など必要ない。ずっとそう思ってきた。
しかし、同じ顔をした『フェイス』は…自分の真逆を生きている。
奴は、それに満足しているのだろうか?
それとも、そのうち“カイザー”とやらもうまく殺して
自分が“退治屋”になるつもりだろうか?

…わからない。



12号は、初めて抱くこの感情が何なのかわからなかった。
『フェイス』が何なのかもわからなかった。

初めて、“迷い”を感じた…。


ピピピ、という高い音で、緊急連絡の着信音が鳴る。
12号は画面を即座に切り替えた。

『貴様を呼び出したのは他でもない…
秘密裏に消して欲しい邪魔なムシケラがいるのだ。
そのムシケラの名は…… … …』

画面の中の依頼人は、いつも通り、
自分に都合の悪い人間の暗殺を依頼してきた。

「…了解した」
12号は答える。
『…信じているよ。頑張ってくれたまえ』
依頼人はそう言い残すと、通信を切る。

12号は船の行き先を決めた。
次なる仕事の場だ。


『フェイス』が何者なのかはわからない。
興味がないでもない。
だが、深く知ろうとすれば、自分が自分でいられなくなる気がした。


12号は今日も働く。
まるで、道具のように。
心のない、殺人機械のように。


Fin

----------------------------------------------------
バッドエンド的ですが、真の裏の世界の住人の彼にはピッタリの終わり方かと…。
フェイス2号君(今回は12号にしました)は完全にターミネーターと同じ扱いです。
きのえねさんの作品の行く先とは大分ズレてると思いますので、ご了承下さい。

[PR]

  by bluecastle2 | 2006-05-01 16:06 | 独り【退治屋】

<< あとがき 独り 完結編 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE