独り 完結編

f0062753_1153477.jpg
独り 番外編の続き…そして本当の完結編です。
このテキストがなかなかまとまらなかった大きな理由は、「結末が決まらない」事でした。12号…彼には様々な結末が考えられる。その、どれを選び取って書けばいいのか…正直、まよってばかりでした。

そこで!

もういっそ、結末は読んでくださってる方に決めて頂こうと思いまして。それ故に、テキストでありながらサウンドノベルゲーム形式となっています。結末は3つあります。そのどれもが、12号にとって正しい結末なのだと私は思っています。

どうぞ、よろしくお願いします。


□独り 完結編(1.9M)
http://big.freett.com/eternal_blue/alone.zip
(諸事情により、リンクによるDLができません。
アドレスをコピペしてDLしてください…お手数おかけして申し訳ありません)

#関連記事(蒼城本家ブログ)



■あとがき

f0062753_458977.jpg
最初に出てくるカイザーの顔のアップですが、2回目に出てくる時にはほんの少しだけ彼の顔が濃く、くっきりしてきて、また闇に戻るという演出にしてみたんですが気付いて頂けたかどうかは謎。…作り手のどうでもいいこだわりですね。

ED1 陽の差す方へ
一番ありえない終わり方ですが、折角創作物なんだから救いのない話もないな、と思ったりとかしまして。でも、こういう終わらせ方をすると、ものすっっごいご都合主義みたいで、それもなんだかヤだなぁ、みたいな…。それで、「あるかもしれない12号の未来のひとつ」としてこれを描きました。最後、彼の宇宙船に依頼の通信が入ってきていますがそこに彼はおらず。何処に宇宙船棄ててきたのかは謎ですが、どうせフェイスに半分以上壊されているので(笑)まぁいいんでしょう。


ED2 殺人機械
多勢に無勢、あとこの商売は依頼人の名前を教えてしまうとオシマイという厳しい世界な上に、最低ランクの退治屋も始末できないという噂が広まってしまえば彼はこの先やっていけません。しかし、「退治屋は殺し御法度」なのでここで死んでやればカイザーのライセンス剥奪は確実かな、と踏んだ12号が選んだ結末です。一応、これには当たりにくく作ったつもりなんですがこのEDを1回目に出してしまう人が意外に多いようで。


ED3 自分の世界
↑では、「最低ランクの退治屋も始末出来ないとあっては…」って書きましたがその辺はもう無視で(爆)。彼は元々は腕が良いことで有名なので、まぁ、1度くらいのミスは許されるかも?
これは、結局、12号はこの商売でしかやっていけないし生きていけないんだ、という結末です。ただ、最後に依頼人に対し、一言だけ口答えします。それが、実はカイザー達に影響されての事だということを、多分本人は理解しています。それでも、この世界でしかやってけないんだから仕方ない、という12号くん妥協END。清々しくもなければ、答えもハッキリしない、でもごく当たり前な終わり方かなぁ…とか。
[PR]

  by bluecastle2 | 2006-05-01 16:04 | 独り【退治屋】

<< 独り 番外編 凍てついた船【退治屋稼業】表紙 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE